RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2020年10月11日

2020年10月11日
聖書:ヨハネの黙示録12章1〜6

説教題:「二つの幻」

渡辺善忠牧師(要旨)

 

一人の女性が子どもを産み、竜が子どもを食べようとした出来事は、ギリシア神話のアポロの有名な物語と大変似ています(1〜4節)。これに対して、「この子は、鉄の杖ですべての国民を治めることになっていた」という御言葉は、救い主がすべての国々を治めることを預言する旧約聖書の御言葉です。また「子は神のもとへ、その玉座へ引き上げられた」という御言葉には、御子イエスが父なる神がおられる天へ昇られたことが示されています(5節)。このため黙示録の著者ヨハネは、広く親しまれていたギリシア神話に照らしながら、御子イエスこそが本当の神であることを語り伝えたと考えられています。このような背景は、私たちにも身近な意味があります。なぜなら、黙示録が書かれた時代の人々がギリシア神話に親しんでいた背景は、私たちがお寺や神社の文化の中で生活していることに通じる意味があるからです。この意味をおぼえて、古来の文化を尊重しながらも、父なる神、御子イエス、聖霊なる三位一体の神こそが真の神であることを心に刻みながら、新しい週へ歩み出しましょう。​

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 15:09
comments(0), -, pookmark