RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2020年8月30日

2020年8月30日
聖書:ヨハネの黙示録7章1〜17節

説教題:「イスラエルの信仰者たち」

渡辺善忠牧師(要旨)

 

「イスラエルの子らの全部族」という御言葉には、旧約聖書の時代のイスラエル民族と、教会に連なる信仰者を含む広い意味があります(4節)。また「刻印を押される」という御言葉には、洗礼という刻印を受けて教会に連なることの大切さが示されています(4節)。このためイスラエルの十二部族の名前には、黙示録が書かれた背後の七つの教会に、ユダヤ教から教会へ改宗した人々と、洗礼を受けて教会に新たに加わった人々が連なっていたことが示されています(4〜8節)。「あらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民」という御言葉には、ヨハネ黙示録が書かれた紀元後1世紀後半に様々な人々が教会に属していたことが示されています。また「白い衣」は、礼拝の時の祭服であったと考えられています(9節)。ヨハネの黙示録が書かれた時代には、日曜日に礼拝を守ることが定着していました。このため著者ヨハネは、教会に連なる全ての人々が毎週の礼拝を通して天上の礼拝に招かれている恵みを伝えるために、今日の場面を黙示的な表現で記しました。このことは、私たちにも大切な意味があります。なぜなら私たちも、旧約聖書の時代から教会に受け継がれた信仰に加えられており、毎週の礼拝を通して天上の礼拝に招かれているからです。この意味を心に留めて、神が教会の歴史と礼拝を通して私たちを守り導いておられる恵みを感謝して受け入れながら、週日の歩みへ遣わされてまいりましょう。

 

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 14:22
comments(0), -, pookmark