RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2020年8月9日

2020年8月9日
聖書:ヨハネの黙示録4章1〜11節

説教題:「天上の礼拝」

渡辺善忠牧師(要旨)

 

エフェソの野外劇場では、俳優や歌手がすり鉢型の劇場の下で演じ、楽器は一段高いところで演奏されていました。黙示録の著者ヨハネは、エフェソ教会を拠点として伝道していました(1章11節参照)。このためヨハネは、天から声が聞こえた出来事を、野外劇場の舞台に照らした不思議な表現で語り伝えたと考えられています(1節)。御子イエスが宝石で彩られている場面も、野外劇場が華やかに飾られていた様子をふまえて描かれています(2〜3節)。また「二十四人の長老」という存在には、旧約時代のイスラエル十二部族に、新しい十二部族として教会が加えられたことが象徴されています(4節)。このためヨハネは、教会に連なる全ての人々が天上の礼拝へ招かれている恵みを、演劇に照らした黙示的な手法で描いたと考えられています。この意味を心に留めて、毎週の礼拝と日々の歩みが天上の礼拝につながっている恵みを感謝して受け入れながら、新しい週へ歩み出しましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 12:28
comments(0), -, pookmark