RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2020年7月12日

2020年7月12日
聖書:ヨハネの黙示録2章18〜29節

説教題:「ティアティラ教会への手紙」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

ティアティラは古代から商業が栄えており、業種ごとに神が祀られていました。「偶像に献げた肉を食べさせている」という御言葉には、ティアティラ教会の人々が、仕事の神に献げた肉を同業者たちと食べていたことが示されています(20節)。また「みだらなことをさせ」という御言葉には、仕事の宴席でいかがわしい行いがあったことが示されています(20節)。このため御子イエスは、他の神々に関わる習慣に馴染んでいた人々を悔い改めさせるために、ティアティラ教会への手紙を記すようにヨハネへお命じになりました。このような状況は私たちにも身近な意味があります。なぜなら私たちも、他の宗教の様々な習慣の中で信仰生活を歩んでいるからです。この意味を心に刻み、聖書の御言葉と聖霊によって確かな信仰を守り続ける者とされるように祈り合いながら、新しい週へ歩み出しましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 12:21
comments(0), -, pookmark