RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2020年5月10日

2020年5月10日
聖書:ルカによる福音書24章13〜35節

説教題
「復活の主と男性の弟子たち」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


復活の主イエスが二人の弟子に現れた時に、弟子たちの目は遮られていました(13〜16節)。弟子たちは主が十字架に架けられた出来事で心が塞がれて、主が復活される約束を思い起こすことが出来なかったのです。この場面には、私たちが悩みや困難に直面した時に、復活の主が共に歩んでおられる恵みに気付かないことが示されています。しかし主イエスがパンを裂いてお渡しになった時に弟子たちの目が開け、復活の主に気付きました(30〜31節)。食事の場面には聖餐式が象徴されているため、著者ルカはこの場面によって、礼拝で復活の主と出会うことの大切さを示していると考えられています。この意味を心に刻み、様々なことで信仰の目が遮られている時にこそ、復活の主が礼拝で私たちと出会っておられる恵みを思い起こしながら、教会生活を歩み続けてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 11:34
comments(0), -, pookmark