RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2020年3月8日

2020年3月8
聖書:マルコによる福音書14章12〜26節

説教題
「最後の晩餐」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


イエス様と弟子たちは、エルサレムで過越祭の食事をしました。この食事はイエス様が十字架に架けられる前の最後の食事となったため、「最後の晩餐」と呼ばれています。イエス様を裏切ったユダも一緒に食事をしていました。私たちも、ユダのようにイエス様を裏切ることがあります。このためユダが食卓にいた場面には、イエス様が、悪い心を持っている私たちを礼拝へ招いておられる恵みが示されています。弟子たちはこの意味をおぼえて、イエス様が十字架に架けられた出来事を、聖書の御言葉と食事によって伝えるようになりました。この食事は、礼拝の聖餐式に受け継がれています。この意味を心に留めて、聖書の御言葉と聖餐式によってイエス様の十字架による救いの御業を伝え続ける者とされるように祈り合いながら、受難節の第二週へ歩み出しましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 16:52
comments(0), -, pookmark