RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2020年3月1日

2020年3月1
聖書:マルコによる福音書14章1〜11節

説教題
「葬りの準備」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


今日の場面には、一人の女性が、純粋で非常に高価なナルドの香油の入った石膏の壷を壊して、香油を主イエスに注ぎかけたと伝えられています(3節)。ここには香油について詳しく書かれているため、著者マルコはこの場面に居合わせたと考えられています。香油について詳しく記されていることに対して、主イエスに香油を注ぎかけた女性の名前は書かれておりません。マルコ福音書は主イエスが十字架に架けられてから30数年後に書かれたため、福音書の著者マルコも教会の人々もこの女性を知っていたと言われています。また女性が主イエスに香油を注いだことは、主の十字架と葬りに備える意味がありました(8節)。このため著者マルコは、全ての人々がこの女性にならって献身の志を主イエスに捧げることを祈り願って、あえて名前を記さなかったと考えられています。このような背景は、私たちにも大切な意味があります。なぜなら私たちも、主イエスに献身の思いを捧げつつ教会生活を歩み続けることが大切であるからです。この意味を心に留めて、教会としても一人の信仰者としても、主イエスの十字架による救いの御業を伝える器とされるように祈り合いながら、受難節の第一週へ遣わされてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 16:47
comments(0), -, pookmark