RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2020年1月12日

2020年1月12日
聖書:ルカによる福音書2章41〜52節

説教題
「神様の愛」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


ヨハネの第二の手紙全体には、「愛」と「真理」という御言葉が繰り返し書かれています。「愛」は神様の愛をあらわし、「真理」は神様を信じることを示す言葉です。二つの御言葉は、ヨハネが書いた三通の手紙にも、ヨハネの手紙より数年前に書かれたヨハネ福音書にも多く使われています。このため福音書と手紙を書いたヨハネは、神様がご自身を信じる人々を愛しておられる恵みを語り伝えるためにこの御言葉を繰り返し用いたと考えられています。このような背景は、私たちにも大切な意味があります。なぜなら神様は、ヨハネの手紙が書かれた時代と同じように、教会に連なる全ての人々を愛し続けておられるからです。この意味を心に留めて、神様の愛に守られている恵みに感謝を捧げながら、新しい年を歩んでまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 16:11
comments(0), -, pookmark