RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2018年9月16日

2018年9月16日
聖書:ヨハネによる福音書8章31〜38節

説教題
「真理による自由」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


旧約聖書には、イスラエルの人々が二度に渡って奴隷や捕虜とされたと伝えられています(出エジプト、バビロン捕囚)。神はこの時に、人々を導くリーダーや預言者を遣わし、イスラエルの人々を助け出しました。このような歴史があるため、旧約聖書では「奴隷から解放される」という意味の「贖われる」という御言葉が、神の救いをあらわす言葉として多く用いられています。この意味は、今日の場面にも示されています。なぜなら「自由にする」という御言葉は、イスラエルの人々にとっては「奴隷を解放して自由にする」という意味であるからです(32節)。また「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当に私の弟子である」という主イエスのお言葉には、主の弟子たちが聖書の御言葉によって歩み続けることの大切さが示されています(31節)。このため今日の場面には、聖書の御言葉によって神の救いの御業を知り、御子イエスが十字架によって私たちを罪から自由な者として下さった御業を信じることの大切さが示されています。この意味を心に刻み、主イエスが私たちを自由な者として下さるために十字架に向かわれたお姿を仰ぎ見ながら教会生活を歩み続けてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 01:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark