RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2018年11月11日

2018年11月11日
聖書:ヨハネによる福音書11章1〜44節

説教題
「命を司る主イエス」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


今日の場面には、主イエスがラザロを生き返らせたと伝えられています(44節)。この場面は四つの福音書の中で最も大きな奇跡であり、ヨハネ福音書では主イエスの最後の奇跡として伝えられています。主イエスはこの後に十字架へ向かわれるため、著者ヨハネは、主が十字架と復活によって新しい命を授けて下さる御業に備える意味で、この奇跡を今日の場面に収めたと考えられています。また「このことを信じるか」という問い掛けのお言葉は、場面の中では主イエスがマルタにおっしゃったお言葉ですが、主はこの御言葉によって私たちにも、「私が永遠の命を授ける神であることを信じるか」と問い掛けておられます。この意味を心に刻み、主イエスが私たちに日々新しい命を授けておられる恵みを感謝して受け入れながら教会生活を歩み続けてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 01:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark