RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2018年4月29日

2018年4月29日
聖書:ヨハネによる福音書21章15〜25節

説教題
「復活の主に従って歩む」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


今日の前半の場面には、主イエスがペトロに「わたしを愛しているか」と三回お尋ねになったと伝えられています(15〜19節)。ペトロは、主イエスが十字架に架けられる直前に、主の弟子であることを三回否定してしまいました(18章参照)。このため、主イエスがペトロに三回お尋ねになった後に「わたしに従いなさい」とおっしゃった場面には、復活の主がペトロを再び弟子として招いて下さった恵みが示されていると考えられています。また後半の場面に登場する「イエスの愛しておられた弟子」には、福音書の著者ヨハネや、ヨハネが連なっていた教会が象徴されていると言われています(20〜23節)。ヨハネは年が若い弟子であったため、この場面には、復活の主がペトロに続く世代の人々を弟子として招いておられる意味が示されています。このような背景は、代々の教会に連なる全ての人々にとって大切な意味があります。なぜなら復活の主イエスは、私たちを含めた全ての人々を、ご自身の弟子として繰り返し招いておられるからです。この意味を心に刻み、「わたしに従いなさい」というお言葉に応えて、復活の主の忠実な弟子として歩み続ける者とされるように祈り合いながら、新しい週へ遣わされてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 18:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark