RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2019年1月13日

2019年1月13日
聖書:ルカによる福音書1章45〜57節

説教題
「十字架への道」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

 

 

今日のヨハネ福音書の場面には、神様が、エルサレムの神殿の大祭司カイアファを通して、イエス様が十字架に架けられることを知らせたと伝えられています(49〜52節)。「国民」という御言葉はイスラエルの人々のことで、「散らされている神の子」という御言葉には、世界の全ての人々を示す意味があります(52節)。このため今日の場面全体には、イエス様が世界の全ての人々を救って下さるために十字架へ向かわれたことが示されています。このことは私たちにも大切な意味があります。なぜならイエス様は、私たちの悪いところ(=罪)を全て背負って十字架に向かわれたからです。この意味を心に留めて、イエス様の十字架と復活によって救いへ招かれている恵みに感謝を捧げながら新しい年を歩み続けてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 15:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark