RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ

2019年2月10日
聖書:ヨハネによる福音書12章36〜50節

説教題
「かたくなな心」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


今日の御言葉にはイザヤ書の御言葉が二箇所引用されています(38節/イザヤ書53章1節、41節/イザヤ書6章10節)。イザヤ書は、イスラエルが滅ぼされた時代に書かれました。イスラエルの人々は、自分たちが神に背いたために国が滅ぼされたと考えました。このため、イザヤ書には罪を示す御言葉が多く収められています。主イエスが地上におられた時代からヨハネ福音書が書かれた時代にかけても、神を信じない者が多くいました。このため著者ヨハネは、イザヤ書が書かれた紀元前6世紀、主イエスが地上を歩まれた紀元前後、ヨハネ福音書が書かれた紀元後1世紀末が同じ状況であることをふまえて、イザヤ書の御言葉を引用したと考えられています。このような背景は私たちにも大切な意味があります。なぜなら私たちの中にも、神を信じることが出来ない「かたくなな心」があるからです。この意味を心に留めて、聖書の御言葉と聖霊によって信仰の目と心が開かれるように祈り合いながら、教会生活を歩み続けてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 18:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark