RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2019年6月23日

2019年6月23日
聖書:ルカによる福音書11章1〜13節

説教題
「聖霊の導き」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


主イエスは今日の後半の場面で、父なる神が祈りに応えて聖霊を与えて下さる恵みを語っておられます(9〜13節)。前半の場面には、主イエスが「主の祈り」をお教えになったと書かれています(1〜4節)。また中ほどの場面には、必要なものを心から祈り求めることの大切さが伝えられています(5〜8節)。このため福音書の著者ルカは、主イエスが語られた祈りについての教えを、今日の場面全体に要約して収めたと考えられています。またルカ福音書と続編の使徒言行録には、「霊」という御言葉が多く用いられています(新約聖書全体で379回のうちルカ福音書36回+使徒言行録70回=合計106回)。このため二冊の書物には、聖霊に導かれて信仰生活を歩むことの大切さが強調されていると考えられています。このことは、私たちにも大切な意味があります。なぜなら神は、私たちの祈りに応えて聖霊を与えて下さり、聖書の御言葉と聖霊によって私たちを守り導いておられるからです。この意味を心に刻み、神が私たちに聖霊を授けておられる恵みを感謝して受け入れながら、聖霊降臨節の暦を歩み続けてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 23:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark