RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ

2019年8月18日
聖書:ヨハネによる福音書16章16〜24節

説教題
「悲しみから喜びへ」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる」という御言葉は、主イエスの弟子たちにとっては、主が十字架に架けられ、死んで葬られた時には主を見なくなるけれども、その後に復活の主イエスを仰ぎ見ることを約束するお言葉でした(16節)。またこの御言葉は、ヨハネ福音書が書かれた時代の人々にとっては、主イエスが再び来られることを約束する意味がありました。この御言葉を二つの視点で理解することは、私たちにとって大切な意味があります。なぜならこの御言葉は、神の御子イエスが十字架に架けられ、三日目に復活され、天に昇られたことを伝える言葉であると共に、主が再臨なさることを約束されたお言葉でもあるからです。この意味を心に刻み、聖書の御言葉と聖霊によって、主イエスが再臨されることへの希望を抱き続けながら、教会生活を歩み続けてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 23:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark