RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2019年9月15日

2019年9月15日
聖書:ヨハネの手紙一5章1〜21節

説教題
「父なる神と御子イエス」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


「彼らのため」という御言葉は、主イエスの直接の弟子を示す言葉です。また「彼らの言葉によってわたしを信じる人々」という御言葉には、ヨハネ福音書が書かれた時代に、弟子たちが語り伝えた言葉によって、主イエスを神の御子と信じ受け入れた人々のことが示されています(20節)。この御言葉には時と場を越えて、全ての教会に連なる信仰者を指し示す意味があります。また「すべての人を一つにしてください」という御言葉は、父なる神、御子イエス、聖霊なる三位一体の神を信じる教会の人々が一つとされるという意味があります。教会の歴史は、人間的な視点では分裂の繰り返しと言われることがあります。しかしヨハネ福音書全体には、三位一体なる神を信じ受け入れることによって、神の御子イエスを頭とする全ての教会が、それぞれの立場を越えて一つとされることの大切さが示されています。この意味を心に留めて、教会としても一人の信仰者としても、三位一体なる神を信じ受け入れる者とされるように祈り合いながら、新しい週の歩みへ遣わされてまいりましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 23:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark