RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2019年9月29日

2019年9月29日
聖書:ヨハネの手紙一1章5〜10節

説教題
「神は光」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


今日与えられました御言葉には、「光」という御言葉が三回書かれています(5〜7節)。創世記の始まりには、神様が天地を創造された時に、最初に光を創られたと伝えられています。私たち人間も、動物も自然も光がなければ生きていけないため、神様は最初に光を創造して下さいました。またヨハネによる福音書の冒頭には、イエス様が世界を照らす光であると書かれています。創世記やヨハネ福音書をはじめとして、聖書では神様の存在や働きを示す時に「光」という御言葉が使われています。ヨハネ福音書、ヨハネの手紙、ヨハネの黙示録には「光」という御言葉が多く使われています(新約聖書73回の内33回)。このためそれぞれの著者が属していた教会では、聖書全体に伝えられている神様の恵みを語り伝えるために「光」という御言葉を用いていたと考えられています。この意味を心に刻み、神様が光を創って下さったお働きと、世の光であるイエス様が私たち一人一人の歩みを照らし導いておられる恵みに感謝を捧げながら、新しい週へ歩み出しましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 22:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark