RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2019年11月24日

2019年11月24日
聖書:ヨハネの手紙一5章1〜21節

説教題
「真実なる神」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


今日の御言葉の始まりには、神の御子イエスをメシア(救い主)と信じ、教会の交わりを堅く築くことの大切さが示されています(1〜5節)。また「水」という御言葉には水による洗礼式が、「血」という御言葉には聖餐の杯が示されているため、ヨハネの手紙が書かれた時代には洗礼と聖餐が教会に定着していたと考えられています(6〜12節)。さらに結びの御言葉には、真の神である御子イエスによって永遠の命へ導かれる恵みが伝えられています(20節)。これらの内容はいずれも、時と場を越えて、全ての教会にとって大切な意味があります。なぜなら信仰を告白し、洗礼と聖餐を尊びつつ永遠の命へ向かって歩むことは、教会の信仰の基本であるからです。この意味を心に刻み、神の御子イエスを救い主と告白し、洗礼と聖餐を大切に受け継ぐと共に、御子イエスと聖霊によって日々の歩みが永遠の命へ導かれている恵みに感謝を捧げながら、アドヴェントへ歩み出しましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 20:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark