RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2018年2月25日

2018年2月25日
聖書:ヨハネによる福音書18章12〜27節

説教題
「ペトロともう一人の弟子」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

ヨハネ福音書には、シモン・ペトロともう一人の弟子が大祭司の屋敷の中庭に入ったと伝えられています(15〜18節)。他の福音書の同じ場面では、ペトロだけが大祭司の屋敷に行ったとされており、他の弟子は登場致しません。このため福音書の著者ヨハネは、自分も主イエスが苦難を受けた出来事の証人であることを語り伝えるために「もう一人の弟子」という存在を加えたと考えられています。また著者ヨハネは、自分の名前を記さずに匿名の弟子を登場させることによって、福音書の御言葉を辿っている全ての人々が、主イエスが十字架に架けられた出来事の証人とされていることを示していると考えられています。ヨハネがこのように考えたことは、私たちにも大切な意味があります。なぜなら私たちもそれぞれの歩みの中で、主の救いの御業を証しする弟子とされているからです。この意味を心に留めて、私たちもペトロやヨハネと共に、主イエスが十字架へ向かわれたお姿を語り伝える「もう一人の弟子」とされている恵みを感謝して受け入れながら、受難節の第二週へ遣わされてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 23:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark