RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年12月24日

2017年12月24日
聖書:マタイによる福音書2章1〜12節

説教題
「真の王イエス」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

神の御子イエスがお生まれになった紀元前後の時代に、パレスチナ地方の西側はローマ帝国が、東側はペルシャ帝国が治めていました。このような背景は、今日の場面に示されています。なぜならヘロデは、ローマ帝国のもとでパレスチナ地方の西側を治めていた王であり、東の方から来た占星術の学者たちはペルシャ帝国の学者であったと考えられているからです。パレスチナ地方は東西の狭間であるため、古代から現代に至るまで絶え間なく争いが続いています。このため旧約聖書には、イスラエルの人々が、政治的な意味を越えて、全ての国々を司る真の王があらわれることを待ち望むようになったと伝えられています。御子イエスはこのような状況の中で、真の王としてお生まれになりました。最初のクリスマスにこのような背景があることは、私たちにも大切な意味があります。なぜならマタイ福音書の場面には、私たちが自分の知恵や力に頼るのではなく、神の御子イエスのみを王として信頼することの大切さが示されているからです。この意味を心に留めて、神の御子イエス・キリストが真の王として遣わされた恵みを感謝して受け入れながら、クリスマスを喜び祝いましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 21:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark