RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年12月17日

2017年12月17日
聖書:マタイによる福音書1章18〜25節

説教題
「救い主を待ち望む人々」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

マタイ福音書には、主の天使がヨセフの夢に現れて、救い主イエスが生まれる知らせを告げたと伝えられています(20〜21節)。創世記には、古代の信仰者ヨセフが、エジプト王の夢を説き明かした働きによって高い地位につき、後にイスラエルの人々を助けたと伝えられています。マタイ福音書が記された時代には、旧約聖書が聖書として読まれていました。このため福音書の著者マタイは、マリアと婚約していたヨセフが神のご計画に用いられたことを印象深く伝えるために、創世記に登場するヨセフの姿をもとに今日の場面を記したと考えられています。このような背景は、私たちにも大切な意味があります。なぜなら私たちも、旧約聖書を含めた聖書全体の御言葉に導かれて、御子イエスを救い主として信じ受け入れることが大切であるからです。この意味を心に刻み、神の御心に従ってマリアを妻として迎え入れたヨセフの姿にならって、聖書の御言葉と聖霊によって御子イエスを救い主としてお迎えする者とされるように祈り合いながら、クリスマスへ向かって歩み出しましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 21:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark