RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年12月3日

2017年12月3日
聖書:マタイによる福音書1章1〜17節

説教題
「神のご計画」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

マタイ福音書の冒頭の系図には、神のご計画に従って御子イエスがお生まれになったことが示されています。ここには王の名前も多く含まれていますが、ダビデだけに「王」と記されている御言葉には、イスラエルの人々がダビデを深く敬愛していたことが示されています(6節)。しかしそのすぐ後には、「ダビデ」と記されているため、福音書の著者マタイは「王」という言葉を外すことによって、ダビデがウリヤの妻と罪を犯したことを示したと考えられています。ダビデに二つの呼び方が記されていることは、私たちにも大切な意味があります。なぜなら私たちの中にも、神の御心に従う思いと、神の御心から離れる思いがあるからです。この意味を心に刻み、罪ある私たちを含めて、神が全ての人々をご自身のご計画によって導いておられる御業を感謝して受け入れながら、アドヴェントの第一週へ遣わされてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 21:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark