RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年11月19日

2017年9月3日
聖書:ヨハネによる福音書4章1〜15節

説教題
「永遠の命に至る水」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

ヨハネ福音書には、イエス様がサマリア地方の女性と会話をなさった後に、サマリアの人々が信仰へ導かれた出来事が詳しく伝えられています(4章1〜42節)。サマリアは、旧約聖書の時代に他の国々に何度も支配されていたため、イエス様がお生まれになった時代には、他の国の神様たちを信じる人々が多く住んでいました。このためイスラエルには、サマリア地方は色々な宗教がある悪い場所だと考えていた人々が多くいました。ところが今日の御言葉には、イエス様がサマリアの女性に永遠の命に至る水について話されたと伝えられています。このため福音書の著者ヨハネはこの場面によって、サマリア地方の人々も永遠の命へ招かれている恵みを強調していると考えられています(14節)。このような背景は、私たちにも大切な意味があります。なぜならイエス様は、伝道することが難しく思える場所や、私たちが悪く思っている人々もご自身のもとへ招いておられるからです。この意味をおぼえて、イエス様が全ての人々を永遠の命へ至る道へ導いて下さる恵みを感謝して受け入れながら、新しい週へ歩み出しましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 21:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark