RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年11月12日

2017年11月12日
聖書:ヨハネによる福音書3章22〜36節

説教題
「天から遣わされた御子イエス」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

「天から与えられなければ、人は何も受けることができない」という御言葉には、「御子イエスは天から遣わされ、天に帰られた」というヨハネ福音書全体の主題が示されています(27節)。聖書を研究する視点では、この御言葉は福音書の著者ヨハネが記したと考えられています。また「天から来られる方は、すべてのものの上におられる」という御言葉にも同じ意味が示されているため、著者ヨハネはこれらの御言葉によって、福音書の主題を強調していると言われています(31節)。この意味は、私たちにも関わりがあります。なぜなら御子イエスは、私たちを救って下さる神として地上へ遣わされたからです。この意味を心に留めて、御子イエスが私たちのために天への道を開いて下さった恵みを感謝して受け入れながら、教会生活を歩み続けてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 21:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark