RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年10月8日

2017年9月3日
聖書:ヨハネによる福音書1章43〜51節

説教題
「新しい弟子たち」

渡辺善忠牧師(要旨)
 

主イエスは、ガリラヤへ行こうとしたときにフィリポを弟子として招かれました(43節)。少し前の場面には「ベタニアで」と記されているため、主イエスはベタニアから北へ進み、ガリラヤ地方の南側にあるサマリア地方近辺でフィリポを弟子として招かれたと考えられています(28節参照)。ヨハネ福音書4章には主イエスとサマリアの女性との対話が詳しく伝えられています。また使徒言行録8章には、初代教会の伝道者として歩んでいたフィリポが、サマリア伝道の働きを担っていたと伝えられています。このためヨハネ福音書は、サマリア地方近隣の地域の教会で書かれたと考えられています。このような地理的な背景は、私たちにも大切な意味があります。なぜなら私たちも、それぞれが歩んでいた場所から教会へ招かれ、主イエスの弟子とされているからです。この意味をおぼえて、主イエスが私たちを新しい弟子として招いて下さった恵みを感謝して受け入れながら、週日の歩みへ遣わされてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 20:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark