RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年8月13日

2017年8月13日
聖書:マルコによる福音書16章14〜20節

説教題
「洗礼を命じられた主イエス」

渡辺善忠牧師(要旨)
 
今日の場面は、マタイ福音書の締め括りと大変似ています。この御言葉はマルコ福音書が一度書き終えられた後に加えられた部分で、マタイ福音書と同じ紀元後70年代前半に記されたと考えられています。このため「信じて洗礼を受ける者は救われる」(16節)という御言葉と「彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け」(マタイ28章19節)という御言葉にはいずれも、当時の教会に、洗礼を授ける働きが制度として定着していたことが示されていると考えられています。このような背景は、私たちにも大切な意味があります。なぜなら教会では二千年に渡って、復活の主のご命令に従って洗礼を授ける働きが受け継がれているからです。この意味を心に留めて、私たちが主イエスの十字架と復活による救いの御業を宣べ伝え、洗礼を授ける働きを尊ぶ器として用いられるように祈り合いながら、週日の歩みへ遣わされてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 11:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark