RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年7月23日

2017年7月23日
聖書:コリントの信徒への手紙一1章10〜17節

説教題
「洗礼と教会の交わり」

渡辺善忠牧師(要旨)
 
今日の御言葉には、コリント教会で争いが起こり、教会が数グループに分裂していたと伝えられています(11〜12節)。第一/第二コリント書には、この他にもコリント教会で様々な問題があったと伝えられています。このような状況に対して、手紙の著者パウロは、主イエスの名前によって洗礼を授けられた恵みに立ち返り、主の救いの御業を土台として教会の交わりを堅く築くことの大切さを語り伝えました(13〜15節)。このような背景は、私たちにも大切な意味があります。なぜなら教会の交わりは、主イエスの名によって洗礼が授けられることが礎であり、人間的な考えに寄り頼む時には混乱が起こることがあるからです。この意味を心に留めて、神が私たちを、主イエスの十字架と復活を土台とする交わりへ導いておられる御業に信頼しながら、教会生活を歩み続けてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 18:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark