RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年7月9日

2017年7月9日
聖書:使徒言行録16章16〜34節

説教題
「洗礼と家族の救い」

(日曜学校との合同礼拝)

渡辺善忠牧師(要旨)
 
パウロとシラスがフィリピで牢に入れられていた時に、神様は不思議な方法でパウロたちを助けて下さいました(25〜26節)。パウロたちが鞭で打たれた後に、木の足枷をはめられて牢の奥に入れられた出来事は、とても苦しかったと思います。しかし神様は二人を助けて下さり、牢を見張っていた看守とその家族を洗礼へ導いて下さいました。この場面は、私たちにも大切な意味があります。なぜなら看守と家族が洗礼を授けられた場面には、私たちが苦しんでいる時にこそ、神様が私たちや周りの人々を助けて下さる恵みが示されているからです。この意味を心に留めて、悩んでいる時や苦しんでいる時にこそ、神様を心から信頼する者とされるように祈り合いながら、新しい週を歩んでまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 17:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark