RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年6月18日

2017年6月18日
聖書:テサロニケの信徒への手紙一4章1〜8節

説教題
「聖霊による生活」

渡辺善忠牧師(要旨)
 
パウロがテサロニケへ伝道した紀元50年前後、この町には様々な宗教や文化が溢れており、歓楽街も栄えていたと伝えられています。このためパウロは「聖なる生活をさせるためです」(7節)という御言葉によって、周りの状況に流されず、神の御心にかなった生活を歩むことを勧めたと考えられています。この意味は「御自分の聖霊をあなたがたの内に与えてくださる神」(8節)という御言葉にも示されています。なぜならこの御言葉には、聖霊の導きによって健やかな信仰生活を歩むことの大切さが示されているからです。このような背景は、私たちにも身近な意味があります。なぜなら私たちも、テサロニケ教会の人々のように、周りの状況に流されて神の御許から離れてしまうことがあるからです。この意味を心に留めて、聖書の御言葉と聖霊に導かれて、神の御心に適った教会生活を歩む者とされるように祈り合いながら、新しい週の歩みへ遣わされてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 17:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark