RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年5月28日

2017年5月28日
聖書:使徒言行録1章1〜11節

説教題
「天に上られた主イエス」

(復活節第七主日)

渡辺善忠牧師(要旨)
 
今日の使徒言行録の場面には、復活の主が天に上げられたと伝えられています(9節)。この場面には、御子イエスが父なる神の御許へ帰られ、この後に聖霊によって全ての教会を守り導いて下さる御業が示されています。また今日の場面の締め括りには、天におられる主イエスが再びおいでになる約束が伝えられています(11節)。主イエスの昇天と再臨の約束が続けて収められているため、使徒言行録の著者ルカはこの場面全体で、主が再び来られる時に至るまで忠実な教会生活を歩むことの大切さを語っていると考えられています。このことは、私たちにも大切な意味があります。なぜなら私たちも、復活の主が聖霊によって私たちを教会として導いておられる御業を信じると共に、主が再臨される時まで忠実な信仰生活を歩むことが大切であるからです。この意味を心に留めて、復活の主が聖霊によって私たちの歩みを守り導いておられる恵みを感謝して受け入れながら、教会生活を歩み続けてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 17:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark