RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年4月30日

2017年4月30日
聖書:ヨハネによる福音書21章1〜14節

説教題
「復活の主イエスと弟子たち」

(復活節第三主日)

渡辺善忠牧師(要旨)
 
ヨハネ福音書には、復活の主イエスがティベリアス湖畔(=ガリラヤ湖)で弟子たちにあらわれたと伝えられています。漁師であった弟子たちが主イエスのお言葉に従って網を打ち、多くの魚が獲れた出来事は、主が最初に弟子たちを招かれた場面と大変似ています(6節/ルカ福音書5章参照)。また来週辿る場面に収められている「わたしに従いなさい」という御言葉は、主が弟子たちを招かれたお言葉として他の福音書にも伝えられています。このため今日の場面には、主イエスがガリラヤ湖で最初の弟子たちを招かれたように、復活の主が弟子たちを再び招いておられる御業が示されていると考えられています。このことは、私たちにとって身近な意味があります。なぜなら、ペトロたちが漁をしていた時に復活の主があらわれた場面には、主イエスが私たちを、日常の歩みにおいて弟子として招いておられる御業が象徴されているからです。この意味を心に留めて、主の招きに感謝して応える弟子とされるように祈り合いながら、教会生活を歩み続けてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 17:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark