RSS | ATOM | SEARCH         
巣鴨教会の歴史




巣鴨教会は1876年4月4日に設立されました。明治期にアメリカから派遣された長老派の宣教師たちが築地で始めた教会が巣鴨教会のルーツですが、築地の教会で育った一番最初の世代の牧師である田村直臣牧師が1876年に築地から巣鴨に移って、巣鴨教会が設立されました。私たちの教会は、プロテスタント教会の祖であるドイツのルターと並んで代表的な改革者であるスイスのカルヴァンをルーツとする改革長老教会の伝統を大切にして歩んでいます。改革長老教会は聖書を地道に学ぶ伝統を持っておりますので、私たちの教会も、礼拝を中心として聖書の御言葉に聴くことを何よりも重んじています。



巣鴨教会では、礼拝を中心として聖書研究会や、祈祷会を開いています。また、大人の礼拝の前の時間には、幼稚園児から中学生くらいまでを対象としたお子様のための礼拝を守っています。(それぞれの集会の時間については集会案内をご覧下さい)

巣鴨教会では、近隣の合唱団の練習会場として教会をお貸しするなど、地域の方々に広く教会を用いて頂くように務めています。教会で音楽会が行われることもありますので、折々の集会のご案内をご覧頂ければ幸いです。

author:sugamo-church, category:教会の歴史, 23:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
山田耕作と巣鴨教会

 

「からたちの花」で有名な山田耕作。実は、巣鴨教会とは密接な関係にあるのです。

くわしくは
こちらをどうぞ
author:sugamo-church, category:教会の歴史, 11:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark