RSS | ATOM | SEARCH         
聖書研究会 「詩編92編、103編」

巣鴨教会聖書研究会 詩編92編103

2018年2月18日 渡辺善忠

 

 今月は2月4日と11日の礼拝で交読した92編と103編を学びます。

 

詩編92編(2月4日)

 2月4日はヨハネ福音書5章1〜18節の御言葉によって、主イエスが安息日に病を癒された御業を辿りましたので、前書きに「安息日に」と記されている92編を交読致しました。神殿や会堂で安息日に礼拝が守られることが広く定着したのは第二神殿以降(紀元前6世紀後半)であったため、92編は、詩編全体が編纂された紀元前6世紀以降に現在の形に整えられたと考えられています。

92編の編纂者は、神が七日間に渡って天地創造の御業をなさった後に安息なさった出来事を象徴的に示すために、「主」という御言葉を七回用いました。「安息日」という御言葉がこのように説き明かされていることは、旧約聖書が編纂された過程に関わりがあります。なぜなら創世記と詩編はいずれも、紀元前6世紀以降に現在の形に編纂されたからです。天地創造の出来事は他の詩編にも歌われているため、これらの詩編は創世記と同じ時代に編纂されたと考えられています。

またこの詩編には、神に逆らう者が地上にいても、信仰者が完全な安息へ導かれることの約束が示されています。神に逆らう者が地上にいることは、「神に逆らう者が草のように茂り、悪を行う者が皆、花を咲かせるように見えても、永遠に滅ぼされてしまいます」(8節)という御言葉に示されています。また、「あなたはわたしの角を野牛のように上げさせ、豊かな油を注ぎかけてくださることでしょう」(11節)という詩の中の「油を注ぎかけてくださる」という御言葉は、神が信仰者を救いへ導く意味があるため、この御言葉には、信仰者に確かな安息が授けられることを伝える意味があります。

 この内容はいずれも、私たちにとって身近な意味があります。なぜなら私たちは、主イエスが復活されたことを祝う日曜日を安息日として礼拝を守っており、復活の主は私たちの日々の歩みを永遠の安息へつながる時として導いておられるからです。この意味を心に留めて、「いかに楽しいことでしょう、主に感謝をささげることは」(1節)という御言葉に導かれて、安息日の礼拝で主への感謝を捧げましょう。

 

詩編103編(2月11日)

 2月11日の礼拝で与えられましたヨハネ福音書5章19〜30節の御言葉には、主イエスが私たちに命を与えて下さる神であることが告げられているため、「主はお前の罪をことごとく赦し、病をすべて癒し、命を墓から贖い出してくださる」(3〜4節)という御言葉が収められている103編を交読致しました。

 旧約聖書には、天地創造の出来事をはじめとして、父なる神が命を授けて下さる恵みが様々な書物で伝えられています。しかし「命を墓から贖い出してくださる」という御言葉に示されているように、死んだ者に命が与えられることについては、書物によって理解が異なります。死者に命が与えられることについて異なる理解があることは、それぞれの書物の元となる資料が書かれた時代に関わりがあります。なぜなら、紀元前6世紀にイスラエルの国が滅ぼされる前の信仰者たちは、素朴な信仰の理解を持っていたことに対して、国が滅ぼされた時代の信仰者たちは、前の世代の人々よりも、死後の歩みについて真摯に考えるようになったからです。このような背景があるため、神が死者に命を与えるという理解は、イスラエルの国が滅ぼされ、再び国が建てられた紀元前6世紀後半以降に発展したと考えられています。

 またこの詩編に収められている「主はわたしたちをどのように造るべきか知っておられた」(13節)という御言葉には、創世記の冒頭に伝えられている天地創造の御業が示されています。92編の記述でふれたように、創世記と詩編は紀元前6世紀以降に編纂されたため、103編も創世記と同時期に現在の形に整えられたと考えられています。

 神が命を与えて下さる恵みが、創世記には通常の文体で、詩編では歌の形で伝えられていることは、私たちにも身近な意味があります。なぜなら礼拝では、聖書の御言葉は通常の文体の説教で語られ、讃美歌では歌によって神の御業が伝えられるからです。この意味をおぼえて、礼拝全体で神の恵みを受け継ぎ、伝えることの大切さを心に留めながら、詩編を交読致しましょう。

author:sugamo-church, category:聖書研究, 00:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
聖書研究会 「詩編と賛美歌」

巣鴨教会聖書研究会 詩編と賛美歌

〜神殿の祭儀と初代教会/第二世代の教会の状況をふまえて〜

2018年1月21日 渡辺善忠

2015年1月の聖書研究会で詩編を学び始めてから三年経ちましたので、今回は「閑話休題」として、詩編が賛美歌として受け継がれた経緯を学びたいと思います。

 

1.神殿の祭儀と詩編

 すでに学びましたように、詩編は、エルサレムに第一神殿が建てられた紀元前10世紀頃から編纂が始まりました。この時代の詩編は、現在の構成とは異なり、内容や作者によってまとめられていたと考えられています。このことは神殿の祭儀にそくした方法でした。なぜなら神殿では、一回の祭儀に複数の詩編が用いられていたため、祭司にとっては、祭儀が始まる時の詩編、祭儀の内容にそくした詩編、祭儀を締め括る詩編等、内容別に分類されているほうが実用的であったからです。

 また詩編の中には、アルファベットの順に詩が整えられている数え歌や、古代イスラエルの歴史が歌われているものが含まれています。これらの詩編は、神殿だけでなく家庭の礼拝や子どもの教育用にも用いられていたと言われています。例えば、出エジプトの出来事を祝う過越の祭は、神殿や会堂ではなく、家庭で祝われる習慣があり、この時には家長(おもに父親)が「家庭礼拝」を司っていました。このため出エジプトの出来事を伝える詩編は、家庭でも歌われていたと考えられています。現在の詩編では、古代イスラエルの歴史を伝える詩は分散されていますが、第一神殿時代には同じ項目にまとめられていた可能性があると考えられています。

 ところが第二神殿時代に至ると、第一神殿時代から受け継がれた詩編全体は、五つの項目にまとめられることになりました。詩編が五つにまとめられたことは、同じ時代に旧約聖書が編纂され始めたことに関わりがあります。なぜなら旧約聖書は、創世記から申命記までの「モーセ五書」を土台としているため、詩編はモーセ五書に基づく祭儀に用いられるために、五つの項目に再編纂されることになったからです。

 このように詩編が編纂される方法が変化したことを心に留めながら、初代教会が詩編を賛美歌として受け継いだことを学びたいと思います。

 

2.教会の礼拝と詩編

最初期の教会はユダヤ教の会堂で礼拝を守っていたため、礼拝全体の構成はユダヤ教の会堂から受け継がれたと考えられています。また当初は教会で創られた賛美歌が少なかったため、詩編がおもな賛美歌として歌われていたと言われています。

このような状況は、コロサイの信徒への手紙の以下の御言葉に示されています。

「キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、論し合い、詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい。」(コロサイの信徒への手紙3章16節)

ここに伝えられている「詩編」は詩編のこと、「賛歌」は教会で創作された賛美歌のこと、「霊的な歌」は即興的な歌であったと考えられています。コロサイ書は第二世代の教会で記された手紙であり、ここには「詩編」が最初に記されているため、初代教会から第二世代の教会では、詩編が多く歌われていた賛美歌ようです。同じ時代に書かれたエフェソの信徒への手紙の5章19節にも同様の御言葉が収められているため、コロサイとエフェソの教会は、同じ状況であったと言われています。

 詩編が初代教会の賛美歌として用いられていたことは、改革長老制度の伝統を受け継ぐ教会にとって特に大切な意味があります。なぜなら、改革長老制度のルーツであるカルヴァンは、初代教会から二世代目の教会で詩編が多く歌われていたことを尊重して、ジュネーヴで宗教改革運動を始めた当初には、詩編だけを賛美歌として用いていたからです。この詩編は後に「ジュネーヴ詩編歌」としてまとめられました。

 巣鴨教会の聖書研究会では現在、2〜3編ずつ詩編を学び続けておりますが、旧約時代から第二世代の教会にかけては、礼拝の時に数編の詩編が賛美歌として歌われていたことを心に留めながら、詩編を学び続けてまいりたいと思います。

author:sugamo-church, category:聖書研究, 00:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark