RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2019年11月24日

2019年11月24日
聖書:ヨハネの手紙一5章1〜21節

説教題
「真実なる神」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


今日の御言葉の始まりには、神の御子イエスをメシア(救い主)と信じ、教会の交わりを堅く築くことの大切さが示されています(1〜5節)。また「水」という御言葉には水による洗礼式が、「血」という御言葉には聖餐の杯が示されているため、ヨハネの手紙が書かれた時代には洗礼と聖餐が教会に定着していたと考えられています(6〜12節)。さらに結びの御言葉には、真の神である御子イエスによって永遠の命へ導かれる恵みが伝えられています(20節)。これらの内容はいずれも、時と場を越えて、全ての教会にとって大切な意味があります。なぜなら信仰を告白し、洗礼と聖餐を尊びつつ永遠の命へ向かって歩むことは、教会の信仰の基本であるからです。この意味を心に刻み、神の御子イエスを救い主と告白し、洗礼と聖餐を大切に受け継ぐと共に、御子イエスと聖霊によって日々の歩みが永遠の命へ導かれている恵みに感謝を捧げながら、アドヴェントへ歩み出しましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 20:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
礼拝メッセージ 2019年11月17日

2019年11月17日
聖書:使徒言行録16章6〜15節

説教題
「キリスト教は新しい!」

渡辺善忠牧師(要旨)
 


ギリシアには古い時代から伝えられていた神話が多くあったため、教会が伝道を始めた時代の人々は、キリスト教を新しい宗教と考えていました。またギリシアには古代から現在に至るまで、神話の神々に関わる遺跡が多く遺されています。このためパウロをはじめとする初代教会の伝道者たちは、古い宗教や文化の中で苦労して伝道していたと言われています。しかし使徒言行録には、神様がパウロや使徒言行録を書いたルカのために聖霊によって道を開き、ギリシアの大きな都市であったフィリピで、リディアとその家族を洗礼へ導いて下さったと伝えられています(11〜15節)。パウロやルカたちが泊まったリディアの家は、この後にフィリピの教会へ発展しました。この出来事は、私たちに身近な意味があります。なぜなら私たちも、お寺や神社などの古い宗教や習慣の中で教会やキリスト教主義の学校へ通っているからです。この意味を心に留めて、聖書のお言葉と聖霊によって神様のお心にかなった道を歩み続けることが出来るように祈り合いながら新しい週へ歩み出しましょう。

author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 20:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark