RSS | ATOM | SEARCH         
礼拝メッセージ 2017年8月13日

2017年8月13日
聖書:マルコによる福音書16章14〜20節

説教題
「洗礼を命じられた主イエス」

渡辺善忠牧師(要旨)
 
今日の場面は、マタイ福音書の締め括りと大変似ています。この御言葉はマルコ福音書が一度書き終えられた後に加えられた部分で、マタイ福音書と同じ紀元後70年代前半に記されたと考えられています。このため「信じて洗礼を受ける者は救われる」(16節)という御言葉と「彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け」(マタイ28章19節)という御言葉にはいずれも、当時の教会に、洗礼を授ける働きが制度として定着していたことが示されていると考えられています。このような背景は、私たちにも大切な意味があります。なぜなら教会では二千年に渡って、復活の主のご命令に従って洗礼を授ける働きが受け継がれているからです。この意味を心に留めて、私たちが主イエスの十字架と復活による救いの御業を宣べ伝え、洗礼を授ける働きを尊ぶ器として用いられるように祈り合いながら、週日の歩みへ遣わされてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 11:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
礼拝メッセージ 2017年8月6日

2017年8月6日
聖書:エフェソの信徒への手紙4章1〜6節

説教題
「教会の歩みと洗礼」

渡辺善忠牧師(要旨)
 
「主は一人、信仰は一つ」という御言葉には、神の御子イエスを唯一の救い主として信じることの大切さが伝えられています(5節)。また「洗礼は一つ」という御言葉には、主イエスを信じる者に洗礼を授けることが、全ての教会に共通する働きであることが示されています(5節)。エフェソ書はパウロの弟子たちによって書かれたと言われているため、今日の御言葉には、第二世代の教会において、信仰の大切な理解が受け継がれ、主イエスを救い主として信じる者に洗礼を授ける働きが定着していたことが示されています。さらに「父である神は唯一であって」という信仰の理解は、後の時代に、「父なる神」、「御子イエス・キリスト」、「聖霊なる神」を信じる三位一体の理解へ発展しました。今日の御言葉にこのような背景があることは、私たちにも大切な意味があります。なぜなら、三位一体の神を信じる者に洗礼を授ける働きは、二千年に渡って、教会の最も大切な働きとして受け継がれているからです。この意味を心に留めて、聖書の御言葉と聖霊によって、私たちの信仰が健やかに育まれるように祈り合いながら、教会生活を歩み続けてまいりましょう。
author:sugamo-church, category:礼拝メッセージ, 18:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark